綾鷹カワウソ妄想譚

一生涯の愛をこめて

「年相応」の話

f:id:GachifloZ:20191027180353p:plain


僕が就職したのはバブル末期で、当時の先輩社員から「年齢×1万円が年相応の平均的な月収だよ」と教わった。大学新卒なら22万円だから、まあ額面で考えればそんなに無茶苦茶な数字でもないように思えた。

これでいくと50歳の時には月収50万だからボーナス4ヶ月分として年収800万だ。これもまあ無茶苦茶とは言わないけれど、どうも「平均的」ではないような気がする。

 

僕が今お手伝いしている業界は残念ながら世間様でいうところの最下層業界なので決して「年相応」の年収ではないけれど、障害者がいて年金をもらえたり持ち家で家賃がなかったりするので相対的には「年相応」の暮らしがなんとか出来ている。

 


問題は精神的なところだ。

昨日も書いたし今日も書いたけれど、この厨二病気質だけはとてもとても「年相応」には程遠い。


早熟な子だったので、小学生の頃には50歳くらいまでの生活設計を思い描いていた。子供の考えることだから、○○大学を出て一流企業に入ってきれいなお嫁さんをもらって女の子ふたり産んで、みたいなかわいいやつだ。

もちろん聴く音楽はジャズやクラシックで、趣味は絵画や海外旅行だ。会社では部長さんとかいう偉い人になって、夜には接待とかいうやつで「老舗の料亭」に行ってフグを食うのだ。それからバーとかいうところでお酒を飲む。休日には書斎で猫を膝に乗せて細かい文字ばかりのぶ厚い革の表紙の本を読む。そんな感じだ。

 


それが実際どうなっているかといえば、聴くのは筋肉少女帯ももクロで、読んでる本はミステリーか肩の凝らないエッセイ本ばかり。住んでいるマンションはペット禁止で書斎どころか自分の部屋もない。

でも、悲観はしていない。

社用で連れて行かれた料亭なんてぜんぜん味がしなくて「早く帰りてえなあ」とずっと思ってたし、退勤後にひとりでかっこむ吉野家のほうがよっぽど美味しかった。バーで呑んでるより家でプロレスを観てたほうが楽しいし、ベランダの鉢植えで薔薇を育てるのはお金もかからなくてしかもとても優雅だ。

 


僕が今、後輩社員の誰かに「平均的な月収っていくらくらいならいいんでしょうかねえ」と言われたらやっぱり「年齢×1万円くらいじゃね?」と答えるけれど、それは目標というかあくまでも単なる指標のひとつでしかなくて、人の倍稼いでるからしあわせなわけじゃないし、人の半分しか収入がなくても楽しく生きている人はたくさんいる
。だからむしろ「年齢×1万円」を念頭に置きながらも自分が楽しく充実している生活を送れてたらそれはそれでいいんじゃねーの、と思う。


ほんと妬みにしか聞こえないの承知で書くけど、金持ちでしあわせそうな人を僕は一人も知らない。みんないつも不機嫌で、まわりはおべんちゃらしか言わないコバンザメばかりだし、いつだって人を疑っていた。

 

「男子たるもの年相応に!」とは常々思うけど、僕は今の環境がいいなあ。

料亭行くならデートで行きたいわ。
どんな環境であっても、その中で楽しく刺激的に生きていきたい。

心からそう思う。

そう願う。

 

GachifloZ

f:id:GachifloZ:20191027180523j:plain

僕がPayPayを使わない理由

f:id:GachifloZ:20191027155156j:plain

めっちゃ暇なのでPayPayを登録してみた。

使う予定はない。
なぜならレジで「PayPayで!」と言うのが恥ずかしいからである。

CMの影響というか刷り込みというか「PayPayで!」とレジ係に伝える自分の姿が宮川大輔に思えてしかたないからである。縁の太い眼鏡をかけて、顔の横にスマホを持って、つばを飛ばしながら目をギラギラさせて店員に伝えているような気がしてならないのだ。


「お買い物」の99%が出勤前の昼ごはん用にパンをコンビニで買うだけの生活が続いている。服も買わないし、文房具も最近は会社の支給品だ。外食もすっかりご無沙汰だし、本屋も行かなくなった。

 

コンビニでの支払いはPasmoSuicaだ。

ちなみにレジでPasmoを使う時も僕は店員に「Suicaで」と伝える。Pasmoを使うのに「Suicaで」と伝える。なぜなら「Pasmoで」と伝えたらレジのお兄ちゃんに「Pasmoだってw」と笑われそうな気がするからである(←たぶん笑われない)。

イメージとしてSuicaのほうがPasmoよりメジャーな気がする。
逆に言えばPasmoのほうがマイナーな気がする。
交通系マネーで」でもいいのだろうが、あえてマイナーなほうを選んで伝えるのがどうにも厨ニ病気質に思われやしないかと思ってしまうのだ(←思わない)。


昔からずっとそうだった。
ドコモよりデジタルホン
野球よりサッカー。
WindowsよりMac
新日本よりUWF
AKBよりももクロさん。
昔で言うなら松田聖子より河合奈保子だ。
いろいろ時代錯誤のものも入っているが、こういった気質は今も変わらない。


言い方を変えれば厨二病というよりは「流行りに乗るのが苦手」なのかもしれない。
うまく流行りに乗れないから、あえて傍流を選んでしまうのかもしれない。
傍流にいれば流行りを考えなくていい。これは楽だ。


そしてたまに傍流が本流を凌駕することがある。
そうなった時はそれこそ得意満面だ。

「オレ、第一次UWFの旗揚げシリーズ、大宮スケートセンターに行ってるんだよね」
「94年に三ツ沢で観たエドゥーのフリーキックが」
ももクロさん?ああ、2009年のTIFは最高だったね。」
「ベビメタや旧BiSはやっぱりライブハウス時代が」
いろいろ自慢だらけだ。


もちろん最後までブレイクしなかったものもたくさんある。
アイドルでいえば鉄道アイドル「ステーション♪」は本当によかったけれど、メジャーシーンに躍り出ることはなかった。
今は全く違うグループになってしまったけど、本当に良いアイドルだった。ねねちやきなりん、ほののん、みんな輝いてた。解散ライブにも行った。今でもよく聴く。みんな元気だろうか。

 


閑話休題、僕はPayPayを使う日は来るんだろうか。

それならなんで登録したよ?という話なのだが、それは「傍流好き」のB面ともいえる気質であるところの「なんでもとりあえずやってみようの精神」ゆえである。

 

かつて中島らもさんは「人の行く裏に道あり菊の花 」と詠んだが、まさにそんな感じで、無性に脇道にそれてみたくなるのだ。

「とりあえずやってみよう」の精神はとても大切だと思うし、ずいぶんと素敵な景色を見せてもらった。ダイヤルQ2で国際電話の請求が来たとか店の奥から怖いお兄さんが出てきたとか痛い目にもたくさんあったけど、痛い目見るのも人生の勉強だ。なにが怖くて何がヤバいか、今では肌感覚でわかるような気がする。まあそう言う割には今でも始終ドツボにハマってるけど。

 

うーん、やっぱりマイナー臭のプンプンするファミペイにしとけばよかったかなー?

GachifloZ

f:id:GachifloZ:20191027154913j:plain

 

ふんどしが欲しい

 

 

唐突ですが白い布切れがほしいわけではありません。
アークザラッドRというスマホゲームの新キャラ?のことです。
トレードマークが白いふんどしのおっさんキャラなのです。

ガチャでGET出来るのですが、確率0.2%とのこと。まったくもって出る気がしません。
良心的なことに150連まわせば確実に出ることが決まっているのですが、だいたい10000円で40連なので最悪4諭吉となります。

「単なるデジタルデータに4諭吉!」
「かわいい女の子キャラならともかくふんどしおじさんに4諭吉!」
「(性能的に)GETしたところでたぶん使わないのに4諭吉!」
「受験生抱えているのに4諭吉!」

様々な心の声が自制を促すのですが、欲しいものは欲しいんじゃ!

 

 

「欲しい」とか「やりたい」とか「したい」という<意思>と、「GETする」とか「やる」とか「する」という<行動>は必ずしも一致しません。
自制して一致させないこともあるし、物理的環境的にできないこともあります。

少年の頃は女子更衣室や女風呂を除きたいと365日24時間思っていましたが、2019年現在覗けていません。他方「いつかきっと」と四半世紀願い続け、おっさんになってようやく叶えた夢もたくさんあります。


ただ、ここまで書いておいて言うのもなんですが「叶えられたかどうか」って実はあんまり大切なことではないような気がします。女風呂や女子更衣室覗いてたら捕まりますし。
大切なのは欲しいとかやりたいとかしたいとか「願う」ことそのものなんだと思います。

 


あきらめるのも違うと思います。
あきらめるのではなく「いつかきっと」と願い続けることが大切だと思うのです。


したり顔で「女風呂なんてしょせん夢は夢なのさ」みたいに気持ちをごまかしてはいけません。ぴあ秘境温泉マップで生き残ってる混浴風呂を探せばいいじゃないですか。
したり顔で「女風呂なんてどうせお婆ちゃんだらけさ」みたいに気持ちをごまかしてはいけません。自分がおじいちゃんになればおばあちゃんはバッチリ射程範囲かもしれないじゃないですか。

ももクロさんのライブが1回1万円くらいするから諦める?ライブビューイングなら3000円ですよ。しかもライブビューイングは映画扱いだから「ライブは月に1回まで」のマイルールもクリアですよ。最高じゃないですか。


かつてある野球マンガのピッチャーは利き腕の左手を壊して一度は野球界を引退したのですが、やさぐれて呑んでた居酒屋で「左手ダメなら右手があるさ」と思い立ち、右ピッチャーに転向してカムバックしました。

幼な心に「オイオイ強引だな!」と思いましたが、その後にさらに右手も壊してしまい、最終的にバッターとして再復活した時には呆れるを通り越して「すげえ・・・」と感動してしまいました。それくらいの執念がなくてなんの夢が叶うものかと。

 

 


強引だとか無理やりだとかこじつけだとか、そんなのは全部褒め言葉です。自分に対してなら。


初めてiPadが世に出た時、僕は少しだけお金がなくてそれを買えなかったのですが、実寸大にダンボールを切り抜いてディスプレイのスクリーンショットを光沢紙に印刷し、紙製のiPadを作りました。小学生のようですが、おっさんになってからのことです。

僕は日々それを眺め、指でスワイプしていました。もちろんそのたびに「シュッ!シュッ!」と声に出していました。くどいようですが小学生のように思えても壮年になってからのことです。

 

今うちには最新型のiPad-Pro含めiPadが3台ありますが,この紙製のiPadが一番軽くて(そらそうだ)かっこいいです。それにapple製のiPadはスワイプする時に「シュッ!シュッ!」って言わないんですよ!偽物かよっつーんです。


あきらめちゃダメです。
「かたち」なんてどうだっていいじゃないですか。
こう、欲しくて、そしてそれをむぎゅうと出来たなら、かたちなんてどうだっていいじゃないですか。欲しがりさんでいいんです。

 

以上、絶対なんの役にも立たない「ふんどし」をほしいと思う自分への口実筆記でした。

ふんどし、 ほしいなあ~。

f:id:GachifloZ:20191026171421j:plain

GachifloZ

 

 

 

 

 

 

 

 

どんなに離れていても僕は天使と暮らしていると言えるのではないだろうか

www.wws-channel.com

このまえ筋肉少女帯のライブ(2019/10/20 EX THEATER ROPPONGI)に行ってきたんですけど、OP一曲目で機材トラブル?があってギターの音が出てなかったんです。
んで、とりあえず1曲目を演奏し終えたあとに「以上!サウンドチェックでした!」と言って舞台袖に下がっちゃったんですね、全員。そんで15分くらいしてから再度SEからやり直したんですけど、とてもめずらしい光景でした。筋少の音楽に対する姿勢は「オーケン以外全員完璧」がウリですから(←ほめている)。

MCでオーケンおじいちゃんが「はりきりすぎて機材蹴っちゃったんだゴメンゴメン」と言ってましたが真偽の程は定かではありません。エクトプラズマかソ連の陰謀か、はたまた地球の磁場が狂い始めたのか。いずれにせよ再開後のライブは素晴らしいものでした。

 

いろいろあって今現在「ライブは月に1本まで」「映画は3ヶ月に1本まで」「本は押入れの本を再読のみ」等々と貧乏くさくマイルールを決めているのです。

が、制約があるからこそひとつひとつの出来事を心に刻もうという意識が働くのか、それなりに毎日楽しくやっています。いやむしろ前述の筋少ライブのように、ピンポイントピンポイントで誰かが僕に「なにか」を与えてくれているような気すらしています。

 

yesterdaymovie.jp

昨日観に行った映画「Yesterday」もとてもよかった。

ネタバレはしませんが、不遇の時代を支えてくれた人っていうのは永遠の恋人なんですよ。やっぱり。
バットマンのやつでも、なんならプリキュアでもよかったのですが、たまたま選んだ「Yesterday」がとてもよかったのはやはりなんかしらの力が働いているような気がしてなりません。

きっと天使に守られているんです。

 


これまでいろんなことがありましたが、今はとても平穏で穏やかな日々を過ごしています。
日々平穏で穏やかだから、日記の更新も滞っているのかもしれません。
つらいときはいつだってここに吐き出していましたから。読んでくれてたひと、ありがとう。たまたま読んじゃったひと、ごめんなさい。


ライブも映画も心のバロメーターというか自浄装置というか、つらいときは筋少の曲がほんと心に染みて「見くびった奴ら全員燃やしてやる!」とか耐え難いモッシュの中で叫んでいたものです。映画もなにげないシーンで暗闇の中ボロボロ涙をこぼしたりして。

今はないなあ。
ぜんぜんない。

 


心がすとんと落ち着いているからか、ぜんぜん心を揺さぶるような衝動にかられません。
きっとこれはいいことなんだけど、寂しくもあります。
あんまりにも逆境好きで「逆境にいないとダメなタイプ」だからでしょう。
典型的な破滅型なんですね。
いつか訪れる破滅を待っているような感さえあります。


そのうちやってくるであろうとんでもない逆境。
でも平気へっちゃら大丈夫。これまでだってなんとかなってきたじゃない?
なんとかなるし、ならなくても別に受け入れてその中でのほほんと生きていこう。


あーでもやっぱりギターの音が出ないくらいの「逆境」にしてほしいな!
天使のみなさんよろしくおねがいします。

GachifloZ

 

f:id:GachifloZ:20191026153425j:plain

 

カフカ、フェリーニ、マザーグース、それより素敵な彼女

f:id:GachifloZ:20190420151952j:plain


こんちは。

ここのところずっと怠惰な日々を過ごしています。
やってることといったら昨年10月以降来る日も来る日も来る日も来る日も来る日も来る日もず~~~~~~~っとスマホゲーム「アークザラッドR」をやっているだけ。朝から晩までほんとそれだけ。ゲームの合間にお仕事したりご飯食べたりお風呂入ったり寝たり。ほんとそんな感じです。


おかげさまでお腹はブクブク出てくるわ、筋肉量の減少からなのでしょうか、体力がすっかり落ちてしまってスタミナが一向に回復しません。本当に疲れが取れないし、お仕事もなんでもミスばっかり。


こうやって日々スマホをいじくり倒してそれで何かを得られるというなら、あるいは何かが形となって残るならまだいいと思うのですが、なんてったってスマホゲームですから配信元がサービス提供を停止したら「ハイそれまでよ」。上げに上げたレベルも何時間も何日もかけて練った攻略法もすべて消え去ってし何も残らないわけです。
こんなに虚しいものはありません。



ただ正直なところ、①こんなおじいちゃんが ②生まれて初めてのスマホゲームで ③四半世紀昔にプレイしていたゲームの続編を ④そこそこのプレイヤー人口のいる中で ⑤微課金というのも申し訳ないくらいの課金だけで ⑥全国アクティブプレーヤーのランキングトップ30に入ったりすることが出来ている、というのは正直嬉しいんですけどもね。

 

考えてみればどんなことだっていつかは消えてなくなります。
どんな出世したって会社やめたら何の価値もないし。
スポーツで実績を残したって何年かすれば「ああそうですか、すごかったんですね」って言われるだけでしょう。
がんばったんですね、才能あったんですねって言われたって、それを言われているその時の自分にそれはあんまり価値のあることでもない気がします。
もちろんその過去の勲章が生きがいな人もたくさんいるでしょうけど。


じゃあ何がいったい僕にとって価値あることなのか??

金でも地位でも名声でもないとなればそれはやっぱり「今この時の充足感」であったり「今この時の達成感」ではないのだろうかと思うわけです。

 

f:id:GachifloZ:20190420152018j:plain

好きな人を過去に抱きしめた事自体にあんまり価値はなくって、今好きな人を抱きしめているかどうかが大切な気がします。あるいは抱きしめようとしている今のその気持ちが僕には大切。

昔はこうだった、ああだったとか、割とどうでもいいんです。僕はね。
そんなの考えるのは罪を償う時くらいだけでいいんです。
(罪を犯しておいて「過去は過去w」とか言われたら許せないよな)

 

だからアークRを「あーでもない、こーでもない」と日々やってることに「将来の意味」はなくとも、今現在ではきっと意味があるのです。

サービス提供終了して何も残らないなんて、なおさら真っ白な灰になるまでやる以外ないじゃないですか!


やりたいからやる、きっとそれでいいんです。虚しくなんてないよ、俺よ!
未だ来ぬ未来に怯えて立ち止まってしまうよりナンボかましなんだろう。

 

明日は今年初めての筋少ライブです。
待たせやがったな!楽しむぜ!!


GachifloZ

f:id:GachifloZ:20190420152037j:plain

 

ぎょうざの満洲は3割うまいがiPhoneXSは3割重い(重量的に)

f:id:GachifloZ:20180923160330j:plain

iPhone7、重さ138g。iPhoneXS、重さ177g。実に30%近く重くなった。重すぎィ~。ただでさえ腱鞘炎的に手首が痛いのに悪化してしまうではないか。AppleCareで腱鞘炎も保障してくれるというのか。大画面大画面というけれど、そんなに大画面が良ければiPadを持ち歩けばいいのだ。それも12.9インチモデルを。そして90年代の携帯電話の如くバカでかい画面を耳に当てて「シモシモ~?」と言っていればいいのだ。

法月綸太郎著「二の悲劇」読了。何回目か忘れたけど読了。この本、特別分厚い本でもない長編推理小説なのだけれど、とにかくページ内の文字量が半端ない。文庫本だとこれ以上無理だろうというくらい小さいフォントでビッシリとページは埋め尽くされ、これでもかこれでもかこれでもかこれでもかと文章が続く。そして話は遅々として進まず、正直なところ10行くらいずつすっ飛ばして読んでも大丈夫。いや2,3ページ飛ばしても大丈夫なのでは?と思ってしまう(すっ飛ばさないけど)。


あとがきで筆者がこれを書いている時の作者の精神状態を記しているのだけれど、言われなくともこれを書いている時の作者が病んでいるのはひと目でわかる。そういう本。ストーリーやらなんやらよりも、ああ本当にこの人はこれを書いている時におかしかったんだろうなあ、つらかったんだろうなあと我が事のようにシミジミさせられてしまう。ある意味殺される被害者よりも同情してしまうし、心配になってしまう。編集者の人もちょっと休ませてやれよと思うけど、こうやって書き連ねることがリハビリというか先の日記で書いた写経的なものというか。きっとそういうもんだったんだろうと思う。かく言う僕もそうだしね。こんな日記誰も読みやしないのに(不定期ながら)ずっと続けてる。Mixi初期の頃から書いてるんだから本当に成長しないと言うか悩みが尽きないというかビョーキが治らないというか。本当に我ながらどうしようもない。

 

先の日記で「バカは嫌だ嫌だ」と書いたけれど、バカのおトクなところは読んだ本を忘れてしまうところ。1000冊くらい推理小説がクローゼットに押し込んであるけど、タイトルでストーリーや犯人なんかを思い出せるのはほんの数冊しかない。この「二の悲劇」みたいな一度読んだら相当強い印象を受けるような作品でさえ初読に思える。中には読み進めていく内に思い出す本もあるけれど、ほとんどの本はその内容を覚えていない。だからいつも未読の書籍を読めるのと同義。なんというおトク。この「忘れる」点においてのみ「バカバンザイ」と思う。

 
いやー「二の悲劇」に敬意を払ってビッシリ文字を並べてみたが、読みづらいわ面白くないわ最悪だな。やっぱり本職の作家ってすごい。

 

GachifloZ

彼女は綾波のように

f:id:GachifloZ:20180923140208j:plain

久しぶりに夢のお話を。

好きな人とのんびり過ごしているデートスポット。
ところがそこで放射能汚染事故が発生。
彼女は怯えて動けなくなってしまった。

逃げてという彼女を無視し、僕は彼女をおぶってひたすら走る。
どこまでも逃げて逃げて、僕は彼女をなんとか救おうとした。

彼女を背に必死に逃げこんた安全地帯。
僕は安堵して彼女を背から下ろす。
ところが彼女はすでにこと切れていた。


嘆き悲しむ僕に老人が言った。
「彼女を背にしていたからあなたは被爆しないで済んだんだね」


自らを犠牲にしても救おうとしていたはずの彼女を放射能の盾にして僕は助かった。
身を挺して救おうとしていたはずの僕が、実際は彼女に守られていた。

 

いや、僕は本当は気付いていたのではないか?
彼女を背にしていれば僕へのダメージが少ないはずだと。

彼女を救おうとしていたなんてのは言い訳で、
自分が助かるために都合よく彼女を利用しただけなのではないのか。
そして僕はそれを知っていたのではないか。
意図してそうしたのではなくとも、そうなることに気付いていたのではないのか。


あーオレはやっぱり最低だな。
どうしていつもそうなのかな。

でもじゃあどうすればよかったのかな。
ルパンとクラリスのようにお姫様抱っこして逃げればよかったのか。
そんで安樂の地についた時、彼女に「助かったねえ」と微笑みかけながらぶっ倒れ、
彼女は焼けただれている僕の背を見てヨヨヨと涙する、そんな感じならよかったな。

彼女を連れて逃げるという選択肢は正しいのに、
背負うか抱いて逃げるかという選択肢に気が付けないオレは本当にバカだなあ。


頭のいい人になりたいなあ。
そしたら背に大火傷を負って彼女を救えたのになあ。

バカって嫌だなあ。
頭が悪いって本当に嫌になるなあ。
どうしたら頭のいい人間になれるのかなあ。

頭がよければこんな思いをしなくて済むのにな。
頭がよければしあわせに死ねたのに。
彼女を救えたのになあ。

 

しかし息を引き取った彼女は笑顔であったのだった。
彼女は本当に救われなかったのだろうか。

 


平成30年9月23日午前3時の記憶である。

オチまでこすっからい。

 

GachifloZ