読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

綾鷹カワウソ妄想譚

一生涯の愛をこめて

ジェームス小野田は本当に三芝理なのか説

f:id:GachifloZ:20160717122128j:plain

こんちは。
エディこと三芝理さんのピアノを久しく聴いておらず寂しい熱帯魚なGachifloZです。それにしてもエディは小野田さんに似てるよな。

 


学校出て就職した会社はそれなりに大きい会社でしたが、僕はそこで11年働い後なんやかやとあり結局ドロップアウトしました。いやドロップアウトなんて横文字でごまかしません。落伍者ですね。落ちこぼれです。

 

その事自体には別に自分自身納得してるんで別にいいんですが、やっぱり懐かしくもなる時もあってたまにその会社のウェブサイトやなんを覗いたりしてしまいます。すると同期入社した人や当時の同僚がナントカ支店長とかドコソコ支社長とかになっていたりして、「うーん頑張ってるな~」とぼんやり思ったりしています。


・・・というのは嘘です。正直言うと「ま、まだやってたんだコイツ・・・うそだろ」に近い感覚なんです。「ルバング島で小野田さん発見!」の報に触れたような感覚でしょうか(例えが古すぎて誰もわからないな)。


もちろんこちとらドロップアウト・・・じゃなくて落ち武者組なので未だ最前線で戦い続ける彼らに対するリスペクトの感は間違いなくあるし、きっとお給料いっぱいもらってんだろうな~と思うと実に羨ましくもありますが、じゃあ「やめなけりゃよかった」という感情があるかというとそれは全くありません。


おそらく彼らは今の僕のようにお気楽極楽に毎日毎日会社を定時上がりしては子供と夕飯作ったりバラエティ番組観ながら家族でご飯を食べたりすることはまず出来ないし、ほぼ自由に決められる休日に好きなお芝居観たりLIVE行ったりなんてことは到底出来ない。

したくないお付き合いやお愛想やおべっかやおべんちゃらやらも言わなくてはならないし、ヤクザやチンピラ相手に戦うこともキチガイクレーマーやヤク漬け患者に深夜までお付き合いすることもしなくてはなりません。おまけに深く人生を知る文学に没頭する時間も少ないとなれば実に可哀想と思うけれど、それは生き方なのだから人それぞれ。ましてや敗残兵がとやかく語るべきものではありません。


うーん、でもやっぱり外車乗れても新築一戸建てを建てられるとしてもオレは無理だなー。いやもちろんくどいようだが尊敬してる。あの苦難の日々を10年20年と続けているなんざ並大抵の精神力では出来ないこと。変態か異能者かジャパニーズビジネスマンだ。少なくともオレには無理。本当にすごいなと思う。でも真似したくはない。


あーでもやっぱりお給料だけは彼らくらい欲しいな。オレもポルシェ欲しいぞ!超高層階のマンションでスーパーカー乗り回し、それでいて今のような日々定時帰りのお気楽な生活をして日曜出勤には仕事サボってバカブログを書き連ねていたい。ああなんというダメ人間。男なら上を目指せ。死ぬまで働け!


GachifloZ

P.S.

ちなみに上の写真が三芝さん、下が小野田さん(笑)。

f:id:GachifloZ:20160717122143j:plain