読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

綾鷹カワウソ妄想譚

一生涯の愛をこめて

あーりんさんとまいんさんとぼく

f:id:GachifloZ:20160618162907j:plain

毎日ヒマである。
ヒマであるからして余計なことをたくさん考える。

初めて観た時はまだ中1だったあーりんが二十歳になった。人生とはいったいなんだろう。そういえば小学生だったまいんさんだってもうすぐ18歳だ。選挙権獲得だ。かえすがえすこの止まらないライフストリームは一体なんなのだろう。


作文が子どもの頃から得意だったので、大学に入った時「本を書きたい」と思った(勉強しろ)。それにその頃はライブハウス通いもしていたので、音楽もやってみたかった(だから勉強しなさい)。更にはそれまでやっていた演劇と美術(絵画と造形)も活かせる活動は無いかと考え、人形劇をやることにした(何しに大学へ行ったのかもはや不明)。

自分で脚本を書いて音をつけて様々な人形やら小道具、機械仕掛けの大道具を作り、自ら演じてみたらとても楽しかった。
それ以来、マルチプレイヤー一色の人生だ。

とにかくなんでも自分でやる。仕事もそうだけど家事にしても育児にしても介護にしても「やらなければならないこと」はなんでもやれたし、やってきた。出来ないのは「やらなくてもべつにいいこと」ばかりだ。たとえば球技が出来ない。野球ならライト頭上の凡フライだって捕れない。フルマラソン42.195kmは走れない。シタールは弾けないし、トロール船の運転も未だに出来ない。

しかしそんな「出来なくてもいいこと以外はなんでも出来る」オレ様がなによりも誰よりも全く出来ないのは「人とコミュニケーションを取ること」だ。なんでも小器用にやれるのに、人としていちばん大切な能力が完全に欠落しているというのはきっとなんでも出来る能力の裏返しなんだろうと思っている。人は何かを得るために何かを失わねばならないのだ。


親父様は「友人を作れ。作らないと今に後悔するぞ」とオレが幼少のみぎりから口を酸っぱくして言い続けてきた。友人というやつはどうやらオレを助けて下さるらしい。
しかし友人を作らぬまま半世紀近くが経過したが「うむう、こ・・こんな時、友人がいてくれたらなあ!」と思える機会についぞ巡り合わなかった。おそらくは「友人が真に必要な時期」をはるかに通り越してしまったような気もするので、どうせならこのままでも良いような気がする。


ただ、最近は身体の不調が顕著だ。この前インドカレー屋でランチサービスのナンをおかわりしたら夕飯がまったく入らなかった。以前は特大ナン3枚は食べていたのに。心の病気かもしれない。
そういえばかわいいおねえさんのスカートが風に吹かれて舞い上がっても全く動じない。これはもう自分の中になにか重大な異変が起きていると認めざるを得ない(←単なる老化)。

だいたいハレの場に足を運ぶ機会がめっきり少なくなった。
今年ももう半分が終わろうというのに2月に特撮のLIVEが2回、3月にステーション♪解散LIVEとももクロさんのドームツアーが1回。年間20本は軽く観ていた映画もオデッセイとレヴェナントを観たのみだ。そして7月にもなんの予定もないときた。暇なのに、だ。

それでいて毎日忙しい。暇なのに毎日忙しい。
いや、忙しいというよりは活動限界が異様に短い。だいたい夜の8時とか宵の口もいいところなのに既に眠くて仕方ない。赤ちゃんかっ!これまで22時、23時まであった「いちにち」が20時には閉店ガラガラなのだからそりゃ忙しくも感じる。

前にも書いた通り手首も相変わらず痛いしさ。
ああこんな時友人がいてくれたら!
真の友さえいてくれたら!!

 

・・・いてくれたらどうなのか、さっぱり想像出来ない。
うーんやっぱり近くの友より遠くの恋人だ。


Gachiflo